血糖値や健康が気になる人へ いいことだらけなグァバ茶のススメ

HOME » 【特集】血糖値が高いと言われたら » 高めの血糖値を放置していると…

高めの血糖値を放置していると…

健康診断で血糖値が高めだとか、糖尿病予備群とされる境界型だと言われたら、放置しないでください。
こちらでは血糖値の数について解説し、血糖値やヘモグロビンa1cが高めと言われたら、どうしたらよいのか、また、高いまま放置していると、どうなるのかなどについても解説します。

ヘモグロビンa1cと血糖値

健康診断の結果で血液検査の中にHbA1cという項目がありますが、これはヘモグロビンa1cといって血糖状態を知る重要な数値の1つです。
ヘモグロビン(Hb)は、血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種で、酸素と結合して酸素を全身に送る役目をしています。このヘモグロビンは血液中のブドウ糖と結合するという性質を持ち、ブドウ糖と結合した物の一部がヘモグロビンA1cと呼ばれます。

赤血球の寿命は4ヶ月ですが、その間、赤血球は血管の中を周りながら血液中のブドウ糖と結合していきます。血液中に余分なブドウ糖があって高血糖状態が長く続くとヘモグロビンとブドウ糖はどんどん結合していき、HbA1cの値が高ければ高いほどたくさんのブドウ糖が血液中にあってヘモグロビンと結合してしまった状態になっているというわけです。

正常な人でならHbA1c値は 5.8%(NGSP値6.2%)以下とされていますが、それ以上の数値だと高血糖状態が続いていたということになります。この数値が8.0%(NGSP値8.4%)を超えた状態が長く続くと色々な合併症が起きてきます。

血糖値は血液検査をした時の血糖状態で、食事によって糖を補給したり、運動で糖を使ったりすることで刻々と変化しますが、HbA1c値は過去1~2ヶ月の血糖状態を表すので血糖値よりも正確な血糖状態がわかります。つまり、この数値が高ければ「慢性的な高血糖状態」にあると考えられます。

(2012年4月1日より日本糖尿病学会では一般的な診療におけるHbA1cの数値を国際標準値(NGSP値)と併せて表記するようになりました。したがって、これまで使用していた数値(JDS値)より約0.4%高くなっています)

ヘモグロビンa1cや血糖値を高いまま放置していると、どうなるの?

高血糖が続くと血液中のブドウ糖がほかの成分と結合してHbA1cなどの糖化たんぱく質といわれる悪玉物質ができます。これが体内の細胞に蓄積すると全身の血管が傷ついたり、内臓の機能が落ちたりして糖尿病の合併症の原因になります。

高血糖によって腎臓機能が落ちると人工透析の原因になります。血液をろ過して老廃物を尿の中に排泄する腎臓の機能が低下すると、老廃物が体にたまって尿毒症などで死亡してしまいます。人工透析は腎臓の代わりに血液をろ過する治療で、週3回くらい1回数時間、透析施設のベッドで過ごすことになります。現在、人工透析を受けている患者さんは29万人近くいて、その原因の第1位は糖尿病です。

また、高血糖で網膜の血管が傷つくと失明の原因になり、現在、視覚・視野障害の原因の第1位は緑内障ですが、長年、第1位だった糖尿病は第2位となっています。

他にも慢性的な高血糖が続くことで脳や心臓の血管が傷つき、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクが高くなるなど、様々な合併症を引き起こします。こうしたことが原因で糖尿病患者の寿命は10~12年も短いことが明らかにされています。

 
知れば知るほど健康にいい!グァバ茶大事典